ワキガ治療の方法にはどのようなものがあるか

ワキガ治療の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

簡単な方法は、塗り薬や飲み薬でにおいを防ぐことができます。塩化アルミニウム液をにおいが気になる部分に塗る方法は制汗効果とにおいを抑える効果があるため、症状が軽いのであれば有効な方法です。

また内服薬として抗コリン剤を使用することもあります。汗の分泌を抑えるため効果的な方法ですが、口や目の渇きや尿の出が悪くなるという副作用もあるので継続的な使用はやめたほうがいいでしょう。

ワキガ治療にはボツリヌス菌の毒を注射するボトックス注射も有効な方法です。汗を出す伝達物質の分泌を抑えることで汗の量を減らします。また毛穴に電気針を刺し、そこに高周波電流を通すことで臭いの原因であるアポクリン腺と皮脂腺の破壊を行なう電気凝固法も有効です。これらの治療方法では効果が期待できないような症状の重いワキガの場合は手術することになります。

アポクリン腺を目視しながらひとつずつ取り除いていく手術は剪除法とよばれ、汗腺を高い効率で切除できます。他にもワキの下に小さな穴を開け、アポクリン腺をかき出しながら吸い取る皮下組織吸引法や、カミソリ部分でアポクリン腺やエクリン腺を皮下組織ごと削りとる皮下組織削除法があります。

皮下組織吸引法は傷口が目立たないというメリットがありますが、アポクリン腺を完全に除去することは難しいため再発する可能性もあります。また皮下組織削除法は傷口は小さく効果も高いですが、手術後、傷が回復するまで時間がかかるというデメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *