ワキガ治療の方法

ワキガは現代人の多くを悩ませる問題として存在しています。

日本人を含むアジア人は欧米人やアフリカ人に比べるとワキガを持っている人は少ないのですが、それゆえにワキガの症状に悩む人は多いと言えるでしょう。一般的にはドラッグストアなどで購入が可能な市販のデオドラントグッズなどを使用して上手に症状を抑えることが出来るので問題とはなりませんが、稀に症状が強い人がいるため、時として大きな問題になるケースがあります。

近年ではその様な症状の改善のために治療を行うケースも増えてきています。比較的軽症であれば注射などの簡単な対処で症状を抑えることが出来ます。ボトックスと呼ばれる治療技術を活用するとわきの下の汗腺の機能を抑制する事が出来ますのでワキガの症状である独特なにおいやわき汗を抑制することが出来るでしょう。

医療機関等で受けることが出来るこのボトックス注射は美容目的でも使用されているものですが、簡単な治療で一定期間効果が持続しますので悩みを抱えている人には非常に大きな助けとなるでしょう。

一方、症状が非常に強く市販のデオドラントグッズでは対応できないほどの症状になっている場合には手術を行うという選択肢もあります。この手術はわきの下にあるワキガの原因となるアポクリン腺と呼ばれる汗腺の物理的な除去を行うものです。皮膚を切開し、そこからアポクリン腺を掻き出すのがこの手術の手法です。この対応をすることにより、悩ましい症状を完全に防ぐことが出来るようになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *