最新のワキガ治療ローラークランプ法とは

ローラークランプ法は、ワキガ治療の一種で、いままで行われてきた吸引法のデメリットを改善して開発された最新の方法です。

効果が高く、術後のダメージが少ないというメリットがあります。まず吸引法についてですが、こちらは現在多くの病院でワキガ治療として使われているものです。ワキの下に数ミリの穴を開けてカニューレという細い管を挿入して、アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺などを吸い出す方法です。

すべて吸い出せれば問題ないのですが、吸引法だと汗腺を取り残してしまうことがある、というデメリットがありました。皮膚は柔らかく弾力がある組織なので、吸引法でカニューレを入れた時に皮膚が動いてうまく吸い出せないからです。

この問題を解消するために、ローラークランプ法ではカニューレ挿入と同時に皮膚の上からローラーで抑えて固定します。こうすることで皮膚が動いてしまうのを防ぎ、皮膚の下にある汗腺を除去しやすくします。

固定のイメージとしては、ローラーが皮膚の上にあって、表皮の下に差し込んだカニューレ(吸引棒)で挟みこむようにして汗腺を吸引します。ローラークランプ法によるワキガ治療のメリットは、汗腺と一緒に毛根も除去できるということです。

つまり、治療と同時にワキの永久脱毛ができるということです。入院や術後の腕の固定なども不要で、手術は約20分ほどで済みます。痛みやリスクが少なく、傷跡がほとんど残らない方法です。ただしローラークランプ法は最新の方法ということで、保険が適用されないので費用が30万円前後かかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *