睡眠不足は自律神経の不調を招く〜美容の大敵

睡眠と美容の間に深い関係があると言うことは、多くの人が知っていることです。
これは眠っている間に、成長ホルモンの分泌が過剰になるためです。

成長ホルモンはターンオーバーの促進、発毛、体のダメージの修復など、美容面においても大きな役割を果たしています。よって睡眠不足になると、この成長ホルモンの分泌も滞りやすくなるため、美容面にも影響が出やすくなると言うことです。

しかし睡眠不足が美容に支障をきたす原因はこれ以外にもあり、それが自律神経の不調を招くと言う点です。

幅広い分野のエナジーサプリの情報を今すぐ確認できます。

自律神経は、交感神経と副交感神経のふたつから成立している神経で、血流や臓器の働き、発汗、ホルモン分泌など、人間の意思ではどうすることもできない部分の体の働きを調節しています。
睡眠と自律神経の間にも深い関係があり、人間が夜、眠くなり、入眠を果たすことができるのは、そして朝に目が覚め日中に活動できているのは、この自律神経がしっかりと機能を果たしているためです。


逆に眠りに支障が出てくると、自律神経は大きく乱れてしまいます。反対に強いストレスなどにより自律神経が乱れると、眠りに対しての影響が出やすくなってしまうとも言うことができます。



このような状態が続くと、たとえば成長ホルモンや女性ホルモンなどの分泌が滞りやすくなり、心身の不調が引き起こされやすくなります。
血流、細胞のダメージ修復にも支障が出てくるので、美容に対してとても大きな影響が出てくる恐れもあります。


ですから日頃から自律神経の状態を正常に保つことを意識し、加えてそれを乱れさせないよう、良い睡眠をとることが必要です。



そしてこのことは、美と健康にとても良い作用をもたらすことにつながります。