美容にも深い関係がある睡眠

昔も今も、健康というお金では買うことができないものが人々の永遠のテーマになっています。

アラプラス情報ならこちらのサイトです。

その健康と深い関係があるのが、誰でも知っている睡眠です。

しかし、最近ではこれにプラスして睡眠美容という言葉もでてきました。


眠っている時間も、美容と健康にプラスできたらという考えです。
一日の時間は、24時間ですがその中で3分の1の約8時間が睡眠をしていることになります。

この時間も美容に充てることが可能なら、肌にはとてもいいことです。

特に夜10時〜深夜2時は、肌のゴールデンタイムと言われています。この時間は、成長ホルモンの分泌が高まり、肌がもっとも活発に生まれかわるために、その時間帯に質の良い睡眠をとることが美肌には重要なことです。
そして、もう一つ大事なことはゴールデンタイムを意識しながら毎日の就寝時刻を一定させることです。
成長ホルモンは、体内時計の影響を大きく受けるので、眠る時間帯がバラバラでは上手く分泌ができません。



同じ時間帯に、眠ることで肌の調子を一定に保つことが可能です。その美肌を保つには、ただ眠るだけでなくやはり質の高い睡眠をとります。

それには、眠る3時間まえまでに食事はしておきます。



そのときも、腹八分目を心掛け消化がよくなるようにします。
食事を摂れば、体は消化しようとエネルギーを燃やします。
寝る時間にまだ消化中の場合は、寝ている間に脂肪を吸収していきます。

これは、美容面からみると逆効果になります。