睡眠不足は美容に良くないので早めに布団に入る

20代前半までは、夜更かししていても翌朝のお肌には影響がなかったはずだけど、次第にニキビや吹き出物が出来やすくなり、お化粧のノリも悪くなっていったという女性は少なくありません。
若い頃の肌は新陳代謝が良いので、多少睡眠不足でも美容に影響が出ることはないですが、年齢が高くなるとそうではなくなるので、早めに布団に入って寝るようにしてください。睡眠不足が美容に良くない理由は、肌のバリア機能が低下しやすくなるためです。

ALAのホームページをチェックしましょう。

水分を肌内部に閉じ込めにくくなるので、うるおいが不足し、乾燥しやすい肌になります。



肌のバリア機能を高めたいなら、夜更かしせずにきっちり睡眠時間をとって、美容に良い生活習慣に切り替えるようにしてください。



お肌のターンオーバーのサイクルが乱れたり、周期がのびてしまうと、バリア機能の低下により、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。
代謝を促進させるためには、脳から分泌される成長ホルモンの量をアップさせる必要があります。


成長ホルモンが分泌される時間帯は夜の10時〜2時なので、この時間帯はぐっすり眠っているようにしてください。夜の10時〜2時は仕事や家事の都合があるので、布団に入るなんて無理という方は、お風呂の時間を翌朝にのばすなどして、対策するようにしましょう。
見たいテレビがあるなら録画をして、休日などの暇な時間帯に見ることをおすすめします。
美肌のためには多少の努力が必要なので、深夜まで起きているのは避けるようにしてください。